アキバで遊ぶならオナクラ

引き戸のそばから顔をだす女性

一昔前は電気マニアのおじさんたちが集う「電気街」だった秋葉原も、1980年代以降、ゆっくりとヲタク文化に染まっていって今や萌え萌えなアニメキャラが大きく描かれた看板とか、チラシを配るアヒル口のメイドさんとか、シャツをインしたヲタ青年とか、「会いに行けるアイドル」とか、そのようなヒトの姿が目につく世界最大規模のサブカルチャーの聖地へと変貌しました。
もちろん、そんな秋葉原ではヲタ文化をエロ方面で堪能できるタイプの風俗が大人気です。アニメキャラのコスチュームを取り入れたイメクラなどがあります。
風俗で働く女の子も多かれ少なかれヲタ気質を持っているので、イメクラのイメージプレイ(役になりきってエロプレイをしてくれる)も本格的です。マジでアニメの世界に入りこんだ気分で楽しむことができるでしょう。

ただし、秋葉原の風俗で「会いに行けるアイドル」的な清純派の女の子に会いたいなら、イメクラよりはむしろオナクラを選ぶべきです。
つまり「エロさ」よりは「おぼこさ」を感じるような素朴で可愛いタイプの女の子がオナクラにはたくさんいるのです。
オナクラは基本プレイが手コキのみで、そこに「乳首いじり」や「耳に息吹きかけ」がつくくらいのプレイ内容となっています。オプションを付ければキスできたりぷりぷりのおっぱいを揉んだりすることもできるのですが、何しろ清純派の女の子が多いのでオプションがNGになっている場合もあります。
要するにそれだけ素人っぽい、「普通に可愛い女の子」と遊べるということなのです。しっかり手コキはしてもらえるのでムラムラも解消できるし、「清純派が好み」という人にオススメの風俗なのです。